自力で冷蔵庫の引っ越しを行う場合<手順・コツ・注意点>

冷蔵庫だけの引っ越しはどうしたらいい?

冷蔵庫の引っ越しというと意外に思われるかもしれませんが、引っ越し荷物が冷蔵庫だけというパターンはそれほど珍しくありません。
今まで使っていた冷蔵庫を他の人に譲ったり、実家で使っていた冷蔵庫を1人暮らしの家に運んだりすることを想像したら、あり得ないことではないということがわかるでしょう。

冷蔵庫の引っ越しはコツがいる?

そのようなとき、「冷蔵庫1つだけなら自分で運べる」と簡単に考えがちですが、本当にそうでしょうか?
冷蔵庫はただの箱ではないので、運ぶのにかなりコツがいるんですよ。

 

冷蔵庫の引っ越しで気を付けることは?

冷蔵庫の中身を抜いておく

まず、冷蔵庫はあらかじめ中身を抜いておく必要があります。
中身を入れたまま運んだのでは、中身が中で動いて傷がついてしまいますし、移動の途中で外に飛び出してしまう心配もあります。
それ以前の問題として、電源が入っていない状態では庫内の温度が高くなってしまいますから、要冷蔵の食材は傷んでしまうことが目に見えています。

もし食材を運ぶのであれば、クーラーボックスなどに保冷剤を入れ、冷蔵庫とは別に運ぶようにしましょう。

 

引越し前日に冷蔵庫の電源を抜く

また、電源は運ぶ前日には抜くようにします。
運び出すギリギリに電源を抜いたのでは、冷凍庫内の霜が溶けたり、製氷機への給水管の水が漏れたりして、周りが水浸しになってしまいます。

製氷機の給水タンクは数日前には空にしておき、管に水が残らないようにすることも忘れないようにしましょう。

 

正しく梱包をする

梱包は、扉が開かないように布テープなどで固定して、冷蔵庫が傷つかないように毛布などでくるむようにするとよいでしょう。
それをさらに段ボールで覆うか、養生テープなどでしっかり覆うようにします。

 

運ぶ時は横に倒さない

運ぶときの注意としては、冷蔵庫を横に倒さないことが大事です。
横に倒してしまうと冷却用のガスが漏れたり、配管が壊れたりする原因になります。
運び出しや運び入れの際に斜めにする程度は大丈夫ですが、車に積む際には、立てて運ぶようにしましょう。

また、荷台には万が一の水漏れに備えてビニールシートなどを敷いておくようにすると安心です。

 

冷蔵庫だけの引っ越しでも業者に頼むのが無難

冷蔵庫だけを運ぶ際にも、引っ越し専門の業者を依頼した方が無難です。
冷蔵庫のサイズがそれほど大きくなくても、素人が運ぼうとすると、冷蔵庫本体も壁や床なども傷をつけてしまうことが少なくありません。

運搬費用をケチったために、冷蔵庫や部屋の修理費用の方が掛かってしまったのでは本も子もありません。

 

業者は万が一故障しても保証がある

専門業者に依頼すれば、手際よく傷がつかないように運んでくれますし、もし傷が付いたり故障したりした場合には、保険で修理をしてもらえたりや代わりの品物を用意してもらえたりします。
ネットで検索すると、冷蔵庫だけでも運んでくれる業者はけっこうあります。

 

自分で運ぶより費用は掛かりますが、万が一のことを考えたら安く運べるはずですよ。