引越しで不要になった冷蔵庫の処分の仕方

要らなくなった冷蔵庫はどうしたらいい?

引越しの際、これまで普通に使ってきたものであっても、処分しなければならなくなることがあります。例えば、大きい家電や家具などは、引っ越し先に作りつけの物があれば不要になりますし、間取りによっては置けなくなることもあります。

昔と同じ捨て方はできない!?

中でも冷蔵庫はキッチンの大きさに左右され、扉の向きによっては使い勝手が悪くなってしまうため、引っ越しがきっかけで不要になることが多いようです。とは言え、家電リサイクル法の対象となっている冷蔵庫は、昔のように粗大ごみとして捨てることができません。ならば、どのように処分したらよいのでしょうか?

 

不要になった冷蔵庫の処分方法をいくつかご紹介することにしましょう。

@家電量販店に引き取りを依頼する

最もオーソドックスなパターンがこれ!

最も一般的な方法は、家電量販店に引き取ってもらうという方法です。新しい冷蔵庫を購入した際に古い冷蔵庫を引き取ってもらうという場合だけでなく、リサイクル料金と運送費を払いさえすれば、冷蔵庫の引取りだけでも依頼することができます。

【注意】
ただし、リサイクル料は有料です。リサイクル料金はメーカーによって異なりますが、大体170リットル以下の小さいものなら4千円程度、171リットル以上になると5千円程度かかると思っておいた方がよいでしょう。

A家電リサイクル券を購入して指定の引き取り場所に持ち込む

家電リサイクル券を郵便局で購入して指定された引き取り場所に自分で持ち込む、という方法もあります。

【注意】
ただし、別途払込料金がかかりますし、大きな荷物を運ぶための車も必要になります。

B不用品の回収業者に回収を依頼する

不要になった冷蔵庫を無料または格安で引き取ってくれる回収業者もあります。ですから、そのような業者を利用して要らない冷蔵庫の処分をすることも可能です。

【警告】
しかし、環境省が不用品回収業者には依頼しないようという呼びかけをしている点から見ても、あまりお勧めできる方法ではありません。と言うのも、違法な取引をしている業者が多く、スクラップとして国外へ売却されたり、国内で不法投棄されたりする場合がほとんどだからです。

 

不適切な方法で粉砕した場合にはフロンガスや鉛が漏れ出し、環境汚染にもつながりますから、処分費用はかかるものと思って適正な方法で処分した方がよいでしょう。

C引っ越し業者の不用品引き取りや買い取りのサービスを利用する

一番スムーズなのがこの方法!

最近は、不用品の引き取りや買い取りをオプションサービスとして用意している引っ越し業者が増えています。引越しの一連の作業の中で進められるため、とてもスムーズに事が運び便利です。

【注意】
ただし、業者によって無料の場合と有料の場合があります。ですから、見積もりの際には、不要になる冷蔵庫が引取りの対象になるのか、それとも買い取りの対象になるのか、また引取りの場合には無料で引き取ってもらえるのか、有料ならいくら払わなければならないのかなど、きちんと確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

おすすめは最も楽と思われる引越業者に依頼する方法

いかがでしょうか。もしかしたら今まで知らなかった処分の方法があったのではないでしょうか。

 

ただ、いずれの場合も注意点があるので予め把握しておくようにしましょう。おそらく最もおすすめな方法は上記Cの『引っ越し業者の不用品引き取りや買い取りのサービスを利用する』のが一番楽な気がしますが、皆さんの環境次第では別の方法を選んだ方が良い場合もあるので、予めよく考えて行動するようにしましょう。